日本女性ヘルスケア協会

研究・科学に基づき具体的解決を目指します。

 10代、20代、30代、40代、50代、60代、、、

年齢ごとにカラダやココロは成長し、お悩みや心配事も変化していくものです。単に年齢別だけでなく、より具体的なお一人お一人のお悩みの解決に向けて、お身体や精神面での的確な把握と、それに対する具体的な対処法を研究開発し、情報発信、並びに有識者の育成をしていくことを目的とし設立致しました。

 ■活動内容

・不定期にトークカフェ開催(年2回予定) 

 会員様と直接お会いしてカジュアルに意見交換会を開催。

・健康管理アプリなどのIT技術によるによる、症状別体質改善の研究と健康相談、具体的な対処法や生活のアドバイスを発信致します。

・有識者の育成と資格制度、協会公認インストラクターの派遣

 

 会長 鈴木まり JOHORETCH®開発  

 理事 野田啓一 慶応義塾大学SFC研究所上席所員

​相談役 丸山隆志 医学博士/日本脳神経外科学会専門医/がん治療認定医

 

<主な研究テーマ>

■女性性を大切にするストレスケア。

不安神経症、頭痛、イライラ、不眠、肌荒れなどストレス症状として現れる様々な悩みの改善。

ホルモン分泌の阻害要因となる環境ストレスの緩和、ストレス緩和による健康促進などを目指す。

リラックスと代謝、幸ホルモンの関係、メンタルケア、社会性不安のケア、対人ストレスケア、など。

 

■ホルモンバランスに関わる様々な身体症状のケア方法の追及。

甲状性ホルモン、コレステロール、骨粗しょう症、更年期症状、食欲不振・増進、代謝低下や、美容(しみ、シワ、たるみ、体系崩れ、肥満など)、女性ホルモン、不妊症ケアなど、ストレスケアによるホルモンバランスの正常化と分泌がスムーズになされるためのケア。

 

■子宮がん・乳がん・子宮筋腫などのケア&皮下脂肪燃焼プログラム。

治療中または治療後で「女性ホルモンの分泌を抑えなければならない」方々のためのプログラム開発。

抗がん剤治療によるひざの痛み・リンパ浮腫・カラダのしびれ・高脂血症、その他副作用などあらゆる症状のケアと、「歩行運動」に代わるケアプログラムを開発。また、「皮下脂肪内に含まれる女性ホルモン」が再発リスクを高めるといわれていることによる、皮下脂肪燃を促すプログラム開発。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 JOHORETCHとは、女性ホルモン(エストロゲン)・成長ホルモン(ダイエットホルモン)・セロトニン(幸福ホルモン)・免疫ホルモン(キラー細胞)・コルチゾール(ストレスケアホルモン)の分泌をより促すための複合プログラムです。バランスのとれた元気なカラダ、心身の調和と健康美を目指します。現在、各国各機関で研究され、効果が明らかになっているデータを基にプログラム。その他、医師や各専門家協力の下、独自の研究を行っていきます。
​ 定期的に音楽に合わせてカラダを動かすと、脳の働きやカラダの衰えが76%も半減したということが1980~2001までのニューヨーク医学校の研究チームの研究で明らかになりました。その他、ストレスホルモンの改善、テストステロンの改善も報告されています。音楽は脳全体を刺激し、メンタル向上、若々しさ、肉体的な老化予防に非常に効果的です。激しい有酸素運動だけではカラダは酸化してしまいますが、JOHORETCHではスロー&ハイの組み合わせでアンチエイジング効果、ダイエット効果も高めていきます。

適齢の健康美へ。適齢の健康美へ。

August 31, 2018

先日、ジョホレッチ生徒さんであり、ジョホレッチDVDご利用の方から、半年間の不妊治療の末、妊娠と出産のご報告と、貴重な画像付きでレポート頂きましたのでご紹介させていただきます。

30代女性 不妊治療

↑最初の採卵

生理周期もこの時長くて、24日目の採卵です。

薬は何も使っていません。

最初の採卵で成長した受精卵を移植したものが着かなくて、採卵1周期お休みしました。

●ただ落ち込んでいても仕方ないと思い、自分で出来ることをしようと思い、次の採卵まで3週間くらい毎朝ジョホレッチDVDの7分のまとめ部分だけしていました。

●2度目の採卵

↑2回目の採卵。


...

June 26, 2018

不妊治療中の方より、メッセージをいただきました。

毎朝ジョホレッチDVDを行っていたところ、卵子の状態が良くなったとはとても嬉しいご報告です。

ジョホレッチのレッスンにいらっしゃる方で、不妊治療をされている方のほとんどが、お勤めをされています。

仕事のストレス、不妊治療へのプレッシャーで心身が緊張している時間が長く感じます。

ダイエット目的での使用としても同じことがいえますが、朝の時間、または、午前中に行った方が、効果をあげている方が多く感じます。

YOGAの世界でも、「朝の空腹時に行うのが良い」といわれているので、「午前中」というのが一つキ...

March 24, 2018

この度、ジョホレッチ®️では、全国の女性約300名を対象に健康に関するアンケート調査を行いました。ご協力頂きました全国の皆様心から感謝申し上げます。「より具体的な解決法」を目指す私たちといたしましては、皆様からの直接のお声が何よりもの「師」となります。お一人お一人のお声をじっくり拝見させていただき、貴重な研究資料とし、より身近で分かりやすい健康法として発信して行けるよう努めて参りますので、引き続きどうぞ宜しくお願い申し上げます。
人の体は10人10色。どなたも愛おしい大切なお身体ですので、どうかどうか御自愛くださいませ。

March 26, 2017

ジョホレッチレッスン前と後でのカラダの左右差比較にて改善報告。

※女性生徒さん2名報告

◆共通症状:カラダの左右差、脚の長さの左右差・冷え症・腰痛・下半身の浮腫み

◆20代後半女性

ジョホレッチ50分レッスン前には約2㎝ほど右足が短く左右差がある 。

特に生理痛・腰痛と冷えにお悩みの方。

 ジョホレッチ50分レッスン直後、左右差はほぼ解消され、生理痛と冷えの改善が報告された。

◆30代女性

ジョホレッチ50分レッスン前には右足が5mmほど短く左右差がある。特に浮腫みと腰痛にお悩みの方。

 ジョホレッチ50分レッスン直後右足はしっかり伸び左右差が解消さ...

January 13, 2017

重い生理痛にお悩みの生徒さん対象にアンケート調査実施。
症状:生理休暇を取るほどの痛み。鎮痛剤使用。倦怠感。

対象:27歳から47歳までの方5名。

ジョホレッチ実施月の変化

以下アンケート内容と報告。

・ムクミの改善の実感 5名
・倦怠感の改善の実感 4名
・脚の軽さとカラダの軽さ実感 5名

・冷えの改善実感 5名
・生理痛の軽減実感 5名
・毎日快便になった(腹部の動き1パターンを毎日実施) 4名

■主に行ったジョホレッチの内容
アタッチメントを中心とした動作パターンを中心にプログラム。
脚、腕、脇へのアプローチ
腹部の動き

January 13, 2017

「ゆるいジョホレッチクラス」ご参加の、抗がん剤治療の副作用で歩行困難により高脂血症、運動不足による体力の低下に悩む生徒さんより改善の報告を頂きましたのでこちらにご報告いたします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 抗がん剤の副作用である末梢神経障害は、ヒドい人は車椅子の生活になってしまうと服用前から聞いていました。

お友達は、靴をひとりで履くことも出来ないため、ほとんど出かけないで家で過ごすか、出かける時は必ず奥様の付き添いが必要です。

わたしの場合は、膝から下、肘から先がいつも痺れていて、同じ体勢が続いたり疲れたりすると痛みを...

March 18, 2016

25歳、過労とストレスからエストロゲン(女性ホルモン)が低下し、黄体ホルモンの過剰分泌。脳腫瘍を疑われ、半年間ホルモン治療。

29歳で再びホルモンバランスを崩し生理が止まる。無排卵。
<20代後半ホルモン治療前>

・身長161㎝、・45kg~46kg・体脂肪率18%

<ホルモンバランㇲを崩し、ホルモン治療中30代前半>

・体重56㎏・体脂肪率 28%
 <治療後30代中盤>

・体重53kg前後・体脂肪25%

<ジョホレッチ開始後5か月目>

・身長161cm・体重48㎏・体脂肪率20%・3サイズ 86・60・89
・エストロゲン194.9 ・LH4...

February 29, 2016

体験レッスンまたは、通常レッスンの生徒さんより後日聞き取り調査を行いました。

■レッスン翌日の体脂肪率の減少:7名中7名 平均2~4% 減少
■生理痛、生理不順の改善:23~30歳女性 3名中3名(こちらの症状でお悩みの方のみ調査)
216年3月現在。

 

Please reload

特集記事

エストロゲン数値計測

March 18, 2016

1/2
Please reload

最新記事
Please reload

  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
アーカイブ
Please reload

タグから検索
Please reload