サイトへ戻る

早漏はダメ?動物行動から見る

ピストン運動に隠された役割


早漏はダメ?動物行動から見るピストン運動に隠された役割
                     日本女性ヘルスケア協会長 鈴木まり

 

この時期になると、皆さんからダイエットのご相談に併せて、「恋をしたい!」などと恋のご相談もちらほら目立ってきます。いかにも春らしくあり、私たち人間も動物なのだな、としみじみします。

さて、そんな中、今回は久々に「性のお悩み」について触れていきたいと思います。

時折女性から、とっても小さな声で、

「彼のが小さくて・・・」「彼早いんです・・・」

と、愚痴ではなく、「彼自身も気にかけているのではないか。
ならば解決してあげたい」といったニュアンスで男性器についてのご相談をいただくことがあります。

この様なお話があると私は、
「女性の身体に負担なくていいじゃないですか。膣もゆるくならないし、呼吸も浅くなる時間が短いってことですからね」
なんて答えるのですが、そうすると皆さん一瞬ハッとした顔をして、
「確かに。」と一瞬納得するのです。

そうなんです。
性行為は呼吸が浅くなるし、血圧も上がるし、体力の消耗という“コスト”がとってもかかる行動なのに、よりその“コスト“がかかった方が”良し“とされるって、よく考えてみると不思議ではありませんか?

これにはどういった根拠が隠されているのか、動物行動からひも解いてみましょう。

そもそも、霊長類でこれだけピストン運動をする動物は人間だけです。

ゴリラの精子はとても強く、必ず卵子に到達するとも言われるほどです。
しかも、性行為はほんの数秒!
ジャングルには危険がいっぱいなので、人間の様に悠長に構えていればあっという間に他の雄に雌が横取りされてしまい、縄張り戦争の宿敵に後ろから襲われてしまいます。
性行為の速さと精子の強さは、危険環境の中でいかにDNAを紡いでいくかという中での工夫なのかもしれません。

では、人間ではどうでしょうか。

一説には、人間がピストン運動を長くするようになった(人間が長くなったのか、ゴリラなどの霊長類が短くなったのかは謎)のには、
「“先着の”他の雄の精子を掻き出して自分の精子での受胎率を高めるため」
と説いている動物行動学者もいました。

確かにこの考えで行くと、ペニスが小さいと掻き出すパワーが弱くなるので、”小さいこと”もネガティブに認知されるという根拠にはなるな、と妙に納得をして、霊長類以外の生き物で、ピストン運動が長い生き物はいないのかと、色々と文献を読み漁っておりました。

そして、見つけました!

ヒメフンバエというハエが、人間のピストン運動の秘密について教えてくれそうです。
ヒメフンバエとは、日本でもおなじみの、8~10mmほどの小さなハエです。

なんと、ヒメフンバエの雄にとって、交尾時間の長さがDNAを残すために重要なテーマになるというのです。

それは、交尾時間の長い雄の精子が、その前に交尾した相手の精子に“取って代わって”雌の卵子と受精するというのです。つまり、乱交の虫の世界では、性交時間が一番長い雄が勝者となるわけです。

これは驚きですね!

人間の歴史には、雄は縄張りでコロニーを作り、一夫多妻という時代が多くの国にありました。
これにおいてはゴリラの集団性社会性に似ていますが、ヒメフンバエの生殖活動の例は、他の雄がコロニーを襲った際の“雄の強さ”にも関わってくる話のような感じがします。

また、人間はよりアタッチメント(愛着形成)が人格形成の上で最も重要な生き物ですので、
性交時間を長くとることが、肌の温度の受渡しや、オキシトシンの分泌に有利に働くので、
性交時間を取るようになっていったのかもしれませんが、ヒメフンバエの例は、人間の男性のお悩みのひとつの根拠として考えるととても興味深い内容ですね。